*Nが観た・読んだ・触ったものの覚書
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ゆれる
評価:
(2007-02-23)
コメント:オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマ。都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。

  
 作品をみたあとに、たくさん考えさせられる作品。

いかにももてます、って雰囲気を出す弟に、
素朴でいい人です、ってオーラを出す兄。
相対的にみえるけれど、兄弟。

そんな兄弟が遭遇する「死」によって
それぞれの深層の感情が出てくるようで
途中から恐怖さえかんじた。
特に兄を演じる香川照之の演技はすごかった。
いるよね、こういう人!と思わざるを得ないリアリティ。
温厚で素朴そうに見える人がかかえる別の顔。
実はすっごい耐えていて、根底はそんなことない。
最後の兄の笑顔も、なんだか狂気さえ感じて
よかったね、とは思いががたいエンディングだった。

また、弟の気持ちを考えたとき、
途中で証言をかえ、身内を殺人者にしてしまう証言をしたのは
いったいどういう心理があったのか。
私には兄弟姉妹がいないから、親ではない身内が
どういった立ち位置で自身のなかに存在するのかがわからないけれど
容易にできることではないだろう。
だって、そうすることで(この舞台の”田舎”というコミュニティに所属しているからこそ)
自分にも決していいことばかりは起こらない。
母の一周忌では兄とはつらつとしていた父が
認知症を発症し、洗濯物さえまともに干せていない姿は
みていてつらかった。

いったいこの兄弟、家族がその後どうなっていくのか。

視聴者の想像によって、ハッピーエンドにも悲劇にもなる作品。
奥深い。
DVD comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://seizetheday2.jugem.jp/trackback/97
<< NEW | TOP | OLD>>