*Nが観た・読んだ・触ったものの覚書
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
食べて、祈って、恋をして
食べて、祈って、恋をして

★★★

エリザベス・ギルバートが自らの体験をつづった世界的ベストセラー「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。ニューヨークで活躍するジャーナリストのエリザベスは、離婚や失恋を経験し、35歳で人生をリセットするために1年間の旅に出る。イタリアで“食”に魅せられ、インドで瞑想にふけり、最後に訪れたインドネシア・バリ島では運命的な恋に落ちるが……。共演にハビエル・バルデム、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス。監督はTVシリーズ「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」「Glee」のライアン・マーフィ。 

 ジュリアロバーツが食べてる料理がおいしそうでおいしそうでたまらんくって
みにいった映画。

女性向けの映画っぽいし、おもしろいんかな〜と思ってたら
意外と・・・・・・・でした。

序盤のイタリアで過ごすシーンと最後のバリのシーンは良かったけど、
なんだかインドの宗教のメッカにいって瞑想にふける・・ってくだりはなんだか怖かったです。
日本人の私としては。

でもいいよな〜1年も自分のすきなよーーーーに
好きなとこで暮らすことができたら。

そりゃあリセットされるよなぁ。。。自分と向き合えるよなぁ。。。
うらやましいかぎり。

映画の中で印象的やったのは、
イタリアでのワンシーン。
イタリアで出逢った仲間たちとの食事の席で

「あなたを表す言葉は?」

と主人公が聞かれたシーン。
主人公は「ライター」(だったと思う)ってこたえてたけど「それはあなたじゃなくて、職業でしょ」とかえされてしまう。
結局、主人公は答えられなかったんやけど、
いやーあ・・・私も無理やなぁ。答えられへん。
理想はあるよ。こーなりたいってのが。
でも、実際、どれだけの人が自信をもって(周囲からどう思われていようが)
私はこれだー!と言い切れるかなぁ。

うーん。
もっと、この部分を取り上げてほしかったなぁ。この映画。
movie comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://seizetheday2.jugem.jp/trackback/72
<< NEW | TOP | OLD>>