*Nが観た・読んだ・触ったものの覚書
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
英語ができない私をせめないで!
評価:
小栗 左多里
コメント:ダーリンは外国人だけど、実は私、英語が話せないんです。英会話スクールに行ってみたし、ネットで勉強してみたし、ラジオ英会話も聞いてみた…。で、どうなの? 「ダーリンは外国人」の著者が英語との体当たりの日々を描く。

  
 「ダーリンは外国人」の著者で有名になった小栗さんの著書。

あんまりちゃんと他の本を読んだことがなくって(立ち読みでちらっと程度)
旦那様がすげー日本通で、日本人より日本語に詳しいことくらいしか・・・

なんと奥様、英語話せなかったんですね!w
留学してたときも不思議やってんけど、なんで外人の男って自分の母国語話せない人と平気で結婚できるんやろか・・・このカップルの場合、旦那さまが日本語ぺらぺらで心配がないのはわかるけど。不思議やね〜〜

この本では、国際結婚をしているにも関わらず英語ができない著者が英語を取得するための
さまざまな英語レッスン&勉強法を体験し、その感想+紹介をしているかんじ。
それにしても色々あるんやね〜〜〜
たぶんまあ都市部にかぎるんやろうけど。
私が住んでる田舎やと、個人レッスンか大企業の英語スクールくらいやろ。。。

おもしろかったんは、米軍基地内の米軍ハウスでの授業。
免許証されあれば入れるんや〜っていう。

あとは映画をつかったレッスンはうけてみたいな〜と思った。
いつしか家にDVDレコーダーを買ったらやってみようと思ってる勉強法で、
英語字幕をみながら、洋画をみるっていう。
で、そのまま出てくる文章とかを応用して文法の勉強に発展させていくものらしい。

あと色々と思ったのは、意外に日本に対して批判的な英語教師がいること。
じゃあ日本にきて仕事すんなよってゆーね。
一番ありえなかったのは、マナー講座で生徒の故郷を全否定する外人講師。

何かを身をもって体感したんやろーけど、
意外に日本で非常識って思われてることって今じゃ海外でも同じく非常識やと思っといた方がいいと思うし(仮に開放的な文化の欧米諸国にいったとしても)・・・その常識が欠如してる時点でこの人は海外で講師なんか、ましてや人を指導する立場にたっちゃだめだな〜と思った。
作者は本当に度胸のある人で、気持ちいいくらいにクレームを学校にしていて、
その全容を載せてくれていたのでよんですっきり!!

あとは活用できる英語勉強サイトも紹介されているから、本気で勉強したい人はかる〜くよんでみたほうがいいかもしれません。
book comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんにちは。たまたま、通りすがったものですが、、。
うちの旦那は英国人です。付き合って10年でやっと結婚しました。日本在住で旦那の日本語のほうが格段に上手ですが、私も一応英語で日常会話くらいならOKです。
結構、周りに旦那は日本語ダメ、奥さん旦那の母国語はおろか英語もダメってカップルいますよ〜。大抵、付き合って2〜3ヶ月、勢いで結婚したパターンが多いですが、、。
多分、子供がいないうちはまだいいと思うのですが、子供もがいると今後教育の話とか、旦那の家族の付き合いとかも必然的に深くなるので、お互いに相手の国の言語、文化を理解してないと結構大変だと思うんですがね〜。私もどうやってコミュニケーションしてるのか、非常に不思議です、、。
from. ゆっきょ | 2010/07/21 11:30 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://seizetheday2.jugem.jp/trackback/27
<< NEW | TOP | OLD>>